So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

日記 (2018/06/25) [雑感]

昨夜11時に寝て、今朝7時に起きた。
ここ何日も(何十日も)、不特定の時間帯に寝て、しかも寝るのが2回とか3回とか、かなり乱れた生活リズムが続き、さすがに色々と支障がでてきていた。
久々に、まともな時間帯の睡眠がとれて、嬉しい。
このいい感じの生活リズムをキープできるといいのだけれど。
人間というものは、朝起きて昼間仕事をして夜寝るという生活を、そうしなければならない理由がないと、なかなか維持できないものだ。
あ、‘人間は’とか一般化しちゃいけないな。‘私は’だ。

朝起きて、ツイッターを見ていた。
すると、寝ている間に、サッカーワールドカップで日本の試合があったらしいことに気がついた。
あったらしい、とは実に曖昧な表現だが、実際そうなのだから仕方がない。
〇月〇日〇時、〇で、〇対〇の試合が行われる。
〇月〇日〇時、〇で、〇対〇の試合が行わた。結果は〇。
といったツイートをする人が意外といないんだもの。
テレビ見てないし。

ワールドカップと言えば、個人的には82年のスペイン大会が最も印象深い。
子供の時に夢中になって見たものは、どういうわけか、いつまでも忘れない。不思議なものだ。
ジーコ、マラドーナ、ルンメニゲ、プラティニがいた。
イタリアのロッシがブラジル戦でハットトリックとか、準決勝西ドイツ対フランスの死闘とか、マラドーナの退場劇とか。
マラドーナは当時既にスーパースターと呼ばれていたが、徹底した(ちょっとひどいなぁ~というような)マークをされ、それに見合った結果は出せなかった。
2010年、同じような立場で結果を出せないでいたメッシを、監督マラドーナが慰めているシーンを見たときは、正直泣けた。

昔の事はもういいか。
日本の戦績は1勝1分。
次の、一時リーグ敗退が決まったポーランドとの対戦結果で、決勝トーナメント進出にできるかどうかが決まるようだ。

ちょっと、国内リーグの話。
今季から一つ上のリーグに昇格した2つのチーム、コバルトーレ女川(東北一部→JFL)といわき古河FC(東北二部→一部)。
いずれも、圧倒的と言って良いほどの戦績で昇格したものの、昇格後は苦戦が続いている。
厳しいものだ。
いや、この程度で厳しいとか言ってるから、日本のサッカーは世界で通用しないのかな?
あ、いやいやいや、通用してますね。どうも失礼しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スピッツ [音楽]

95年の今頃の季節だったと思う。
部屋の中でゴロゴロしていると、隣のヤツが大音量でスピッツを聴き始めた。

その頃、好きな女の子がいて、ひそかに人目につかないところで会ったり、こっそり部屋に招き入れたりして、付き合っていた。
いや、付き合っていたというのはたぶん不正確な言い方だ。
その子には彼氏がいたから。
彼氏がいたから、‘ひそかに’であり、‘こっそり’だったわけだ。

その子と会って、あなたの事は一番好きだけど彼氏とはわかれられないと、これはそれまでに何度も言われてきたのだけれど、その日も同じ事を言われ、無力感に浸りながら横たわっていた。
まぁ、ゴロゴロしていた。
そして無理やり聴かされたのがスピッツの『空も飛べるはず』と『ロビンソン』。

お互いに好きなのに結ばれない。
そんな理不尽な状況にいるときに聴く『空も飛べるはず』と『ロビンソン』は強烈だ。
「君と出会った奇跡」とか「二人だけの国」とか…
心に、胸に、言葉が突き刺さってくる。
繰り返し聴かされ、起き上がる気力さえ無くなるほど、クタクタになった。

翌日。
隣に‘ヤツ’がいるのを見計らって、大音量のセックス・ピストルズをお見舞いしてやった。
うるせーだろ、雑音だろ、不愉快だろ、どうだ、おらぁ~と。
前日の報復だ。

しばらくしてから、‘ヤツ’が部屋に来た。

住んでいたのは会社の寮。
‘ヤツ’というのは、実は会社の同期。
友達。
怒鳴りこんできたわけでは無い。
何だかうるせーから様子を見に来たといったところだ。
しばらく音楽の話など雑談し、部屋にあった所有者不明の卑猥な雑誌を持って帰っていった。

この一件のせいか、あるいは元々スピッツの曲とはそういうものなのか。
自分の意思で、聴きたいと思って聴いた事など無いのに。
なぜか、スピッツの曲を聴くと、その当時の記憶が鮮明に蘇ってくる。
なつかしいとか、胸がキュンとするとか、過ぎ去った日々とか、思い出とか、そういう事ではなくて…
空気感と言えばいいのかな?
風の肌触り。
暖かさや冷たさ。匂い。
そして光感。
まぶしい太陽の光と街灯のあかり。
うまく表現ができない。
でも、まぁ、そんな感じ。

スピッツ / 空も飛べるはず


スピッツ / ロビンソン


Sex Pistols - Holidays In The Sun


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

加藤登紀子 時には昔の話を [音楽]

ミック・ジャガーと同い年だと聞いて、ついつい聞き入ってしまったラジオ。
加藤登紀子がゲストだった。
初めて真剣に歌を、話を聞いて、何というか、正直、衝撃を受けた。

『時には昔の話を』


『花はどこへ行った』


番組の中で『花はどこへ行った』は生歌が披露され、ぜひもう一度聴きたいと思い、
NHKらじる★らじる
9時台:すっぴんインタビュー 加藤登紀子(歌手・女優)
2018年6月6日(水)放送 2018年6月13日(水) 午後6:00配信終了
を聞いてみると、カットされていた。
権利関係の理由だろうか?
わからないが、これをカットしなければならない制度があるならばその制度は、NHKの都合があるならばその都合は、害悪だ。

何だかムカついていたら、忌野清志郎が歌う『花はどこへ行った』があったので、ついでに置いてしまおう。

『花はどこへ行った』忌野清志郎


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

坂田莉咲 (13) ~ 映画『俺は前世に恋をする』 [坂田莉咲]

坂田莉咲が出演している映画
『俺は前世に恋をする』
は7月に公開される、とのことだ。

主演、薫太のプロモーションビデオ『Get to chance』で、この映画の本編、メイキング映像の一部を見ることができる。
これは、5月1日に発売された薫太の3rdシングル『Shakin' Up』のカップリング曲で、映画の主題歌になっている。


また、5月30日、予告映像が公開された。


映画公式サイト(6月15日公開)
http://maekoi-movie.com/

映画公式ツイッター
https://twitter.com/orehazennseni

坂田が先に出演したドラマ『Q&A』ではセリフが無かった(カットされた?)が、今度の映画ではそんなことはないだろう。
また、演技が下手だ下手だと坂田は言っていたけれど、予告映像で一瞬映った表情を見る限り、悪くないように思う。
贔屓目かな?
まぁいいや、楽しみだ。

とは言え、地元での上映はまずあり得ないので、見るには東京に行かなければならない。
ほんとに行けるかなぁ~という不安はあるけれど、あと一か月以上あるので、真面目に仕事をして金と時間を用意するとしよう。

それでは、最新(2018年5月31日)のInstagram投稿から。
大学では、農業関係の学部に所属しているそうだ。
その下に5月15日の投稿分も、とてもきれいなので、ついでに。

じゃがいも〓 #photography #potato #農業 #じゃがいも #農業女子

坂田 莉咲さん(@sakata_risa)がシェアした投稿 -


新しいイヤリング[王冠] #photography #flower #アクセサリー #イヤリング #[王冠] #〓

坂田 莉咲さん(@sakata_risa)がシェアした投稿 -


--
坂田莉咲

SHOWROOM ライブ
https://www.showroom-live.com/sakata-risa
SHOWROOM プロフィールページ
https://www.showroom-live.com/room/profile?room_id=111340

--
薫太(twitter)
https://twitter.com/kunta_yamasaki
薫太(運営公式アカウント)(twitter)
https://twitter.com/kunta_manager

--
映画『俺は前世に恋をする』
公式サイト
http://maekoi-movie.com/
公式ツイッター
https://twitter.com/orehazennseni
映画クラウドファンディング(上映場所拡大のための支援)
https://camp-fire.jp/projects/view/72064

--
2018/06/18 本文の一部、および記事下部のリンクを修正

タグ:坂田莉咲
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日記 (2018/05/29) [雑感]

ツイッターで、ある分野においてとても興味深いツイートをする人がいて、長くフォローしてきた。
「興味深い」ではなく、本来ならば「有益な」と素直に言いたいところなのだが、残念ながらそれは無理だ。
なぜかというと、まず、致命的に日本語が下手だということ。
次に、わかりやすく説明しようという姿勢に著しく欠けること。
つまり、有益だとは思われるのだが、ツイートの内容が読み手である私に伝わらない、ということだ。

ある分野において、数少ない味方であり、(たぶん)高度な知識を有している人なので、関係を切ってしまうのは心細くもある。
直接本人に、言ってやればいいのだとは思う。
文章が下手くそで、専門用語ばかりで、何を言ってるのかわかりません!と。
しかし、そういうのは言う方も言われる方も消耗する。
そこまでして維持するような関係ではない。

よって、今日、つい先程、そっとフォローを外した。

とは言っても、この人のツイートはリツイートされることが多いので、今までとそう変わることなく、これから何度も目に触れることになると思う。
そしてそのたびに、「ひでー文章だな」と思う事になるのだろう。

なんだか、ツイッターってなぁ…

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
メッセージを送る