So-net無料ブログ作成

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド/村上春樹 [文学]

村上春樹による著作「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」について書く。
書くけれども、作品の論評ではなく、本という器について。
いや、いちおう感想ぐらいは書いておこうか。
まぁ、面白かった。

ここから本論。
器について書く。

単行本は1985年6月15日、新潮社より発行された。
箱入り、ハードカバー。
何度も増刷されている。
本の奥付に、
1985年6月10日印刷
1985年6月15日発行
と書かれているものが第1刷で、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」の、いわゆる「初版本」だ。
後に箱無しのデザインを改めたものがいくつか発行されている。
これから先、何回改装・新装されるかわからないので、ひとつだけそれらについて触れておく。
2代目単行本はたぶん数が少ない。
しかし、うらやましがる人も少ない。
よほどのマニアで無い限り、追わない方が良いと思う。
改装/新装を買わされ続けることになるから。
自己満足なんだから放っておけと言われれば、まあその通りだけど。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド単行本

文庫は1988年10月5日、新潮社より発行された。
二分冊(上巻、下巻)となっている。
上巻が1~21話。
下巻が22~40話。
もし知っている人がいたら教えて欲しい。
なぜ、1~20話、21~40話としなかったのか?
改装してもなおこれを改めないのは何故か?
この分冊の仕方が気に入らないので、オイラは文庫版に愛着が持てない。
オイラは細かいことにこだわるのだ。
オイラのようにこだわらないコレクターは、文庫の第1刷はすすめたい。
文庫コレクター/マニアは少なからずいる。
第1刷は価値がある。
ほめてくれる人がいる(もし出会えればの話だが)。
難点は、状態の良い文庫を入手するのとカバー換えをされていない事を確認するのが難しい事だ。
上巻下巻とも、奥付に、
昭和六十三年十月一日印刷
昭和六十三年十月五日発行
と書かれているものが第1刷。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド文庫

また、同作品は「街と、その不確かな壁」を大幅に書き直したものだ。
いや、書き直したというよりも、まったく違う作品にしたと言ってもよいと思う。
ともあれ「街と、その不確かな壁」は文學界1980年9月号に掲載されている。
写真は国会図書館でコピーしたもの。
文學界1980年9月号は持っていないし、見たことも無い。
入手はなかなか難しいと思う。
欲しい人はがんばってくれ。
ただ、入手したならば、自分が死んだ後の事も考えておく事が重要。
遺族(になるであろう人)に、これは捨てないでこうこうこのようにしてくれ、と指示しておいて欲しい。
さもないと、簡単に捨てられてしまう。

街と、その不確かな壁

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

メッセージを送る