So-net無料ブログ作成

サラエボの花/Grbavica [DVD]

ユーゴスラビア内戦について学ぼうと、
『ユーゴスラヴィア現代史 柴宜弘』(岩波新書(445) 岩波書店)
という本を読んだ。
かなり前、10年あるいはそれに近いくらい昔のことだ。

第二次大戦後のユーゴスラビアは象徴的に、
「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」
と表現される複合国家だった。
それが崩壊していく過程が、すなわち、ユーゴスラビア内戦だ。

と、偉そうに書いてみたが、実は何もわかっていない。

なぜユーゴを建国しなければならなかったのか?
なぜユーゴを解体しなければならなかったのか?

本を読んでいる間は何となく理解しているような気がする。
しかし、読み終わって、全体の流れをおさらいしようとすると、分からなくなってしまう。

お前はこの本を、勧めてるのか、けなしてるのか、どっちだ!
と問われそうだ。

評価も批判もしていない。
映画『サラエボの花/Grbavica』について書く前にこの本を再読しその背景をサラッとまとめようとしたのだけれど、そんな事は無理だったと、そういう話だ。

映画『サラエボの花/Grbavica』は2006年から2007年にかけて公開されたボスニア・ヘルツェゴビナ(ユーゴスラビアを構成していた共和国のうちの一つ)の映画だ。
監督・脚本はヤスミラ・ジュバニッチ。

内戦で夫を、父親を失った母娘のストーリーである。
途中までは。

内戦がこの母娘につけた爪あと。
その痛みに共鳴し、癒しを祈るために、内戦の背景を知っても役に立たないな。
またこの母娘を見て、ユーゴ内戦を知った気になってもいけないのだろうな。
と、そんな風に思った。
実にチープで抽象的な感想だが。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

少年メリケンサック [DVD]

映画、少年メリケンサックは2009年に公開された、宮藤官九郎脚本・監督作品です。

25年前に解散したパンクバンド「少年メリケンサック」を再結成したおじさん達(佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城)と、そのために奔走するかんな(宮崎あおい)の物語です。

映画の中で流れる曲は、まあ、どれも酷いものばかりで、もう少しキャッチーに作っても良かったんじゃないかと思いました。
また、パンクと言うと、個人的に「マゾヒスティックな暴発」といったイメージを持っていますが、この映画を観ると、それが合っているような、合っていないような、なんだかよく分からないな、と感じました。

とは言え、ラモーンズ、セックス・ピストルズ、クラッシュ、ジャム等々、パンクは私も嫌いではありませんでしたし、今さらパンクとは何だったのかと考えてみたところで、仕方がありません。
楽しく鑑賞いたしました。
元ザ・スターリンの遠藤ミチロウも出演しています。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ノーカントリー [DVD]

2007年にアメリカで製作された映画「ノーカントリー」をDVDで観ました。
コーエン兄弟の脚本、監督作品です。

何かしら感じるものはありましたが、それを一体どう表現していいものか、私には良くわかりません。
また、どちらかと言うと不快感が残り、ああ観て良かった、と思える作品ではありませんでした。

私は、エンターテインメント性の強い作品は別として、シリアスな映画での暴力シーンは苦手です。
残虐な暴力を見せつけられる。重いものを投げかけられる。目をそむけるなとうったえかけられる。
これは、あまり心地良い事ではありません。
私は、どうせ不快な思いをするならば、映画ではなく、現実を見せて欲しいと思います。
ちょっと的外れな意見かも知れないのですが。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

時をかける少女 [DVD]

アニメ「時をかける少女」を観ました。
2006年に公開された、細田守監督作品です。

細田守監督と言えば、昨年(2009年)夏に公開された「サマーウォーズ」が記憶に新しく、今月3日から、TSUTAYAでDVDレンタルが始まっています。
「サマーウォーズ」は夏に観た方が臨場感があって良いだろうと思い、観たいという気持ちをおさえ、今回は「時をかける少女」にしました。

観てみると、「時をかける少女」も夏のお話でした。
少々うかつな事をしました。
それでも、もう観てしまったので仕方がありません。

良くわからない部分も多少ありましたが、おおむね楽しく鑑賞しました。

「濃協」等の、こだわりのディテールが気に入りました。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

流星の絆 [DVD]

流星の絆は2008年にTBS系で放映されたテレビドラマで、脚本は宮藤官九郎、原作は東野圭吾です。

ここ2、3日、DVDを借りてきて、観ています。

第3話、子供時代の功一、泰輔、静奈が形見を選ぶシーンで、大人になった現在の姿が交錯し、ぬいぐるみを抱いて泣きじゃくる静奈(戸田恵梨香)と、おもちゃを両手に持って困ったような悲しい顔をする泰輔(錦戸亮)の姿に泣けました。

第7話、行成(要潤)と静奈が流星の下でキスするシーンに泣きそうになりました。

無性にハヤシライスが食べたくなり、吉祥寺に住みたくなりました。

今日これから、最終話を観ます。
楽しみです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る