So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

映画『ヒトラー 〜最期の12日間〜 / Der Untergang』 [映画]

日本では2005年に公開された。
制作国はドイツ、イタリア、オーストリアで、使われている言語はドイツ語。
アメリカ・ハリウッド映画ではない。
ユダヤ資本によるものではない、あるいは大きな関与を受けていない、ヒトラーを主題にした映画という事で、貴重な作品だ。

ホロコーストが人類史上に残る巨悪であることを否定するつもりは無いし、ヒトラーやナチスに対する同情心などももちろん無い。
しかし、ユダヤ資本によるナチズム否定プロパガンダは度を越しているものも多い。
すべてのドイツ人が悪ですべてのユダヤ人が善であり被害者である、と描くならばそれは違う。
やりすぎだ。
だからこそ、ナチスを肯定するような思想が叩いても叩いても沸いてくるのではないか、と思わなくもないが、まあ、今そんなことは関係無いか。

ヒトラーはウソと恐怖と妄想でドイツを支配した。
天才的なペテン師だった。
戦略眼を持った政治家でも無いし、戦術眼を持った軍人でもなかった。
ユダヤ人を虐殺したり、ソ連を騙し討ちにしたり、アメリカに宣戦布告したりと、余計な事ばかりした。
愚かな独裁者に導かれ、ドイツは破滅へと向かっていく。

以下、大した事は書いていないが、いちおうネタバレかも? ということで…

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

色彩をもたない田崎つくると、彼の巡礼の年/村上春樹 [文学]

ツイッターを見ていたら、村上春樹をネタにした、くそムカつくツイートを見た。

村上春樹が嫌いというのは何の問題も無い。

読んだけれど面白くなかったから嫌い。
それはそうだろう。当たり前だ。人それぞれ向き不向きがあり、感性も違う。
読んだけれど何が面白いのかまったくわからない、嫌いだといくらでも発信すればよい。

読んだ事がないけれど嫌い。
これも有りだ。
興味が無いのに繰り返し名前を聞かされては不愉快だろう。
村上春樹なんて知らねーよ、いい加減にしてくれとこれまた好きなだけ発信すればよい。

では、村上春樹ファンをバカにするのはどうだろう?

条件次第ではこれも有りだ。
村上春樹の作品を熟読し、根拠を示した上で、こんなもんを読んで喜んでいる奴らはバカだ、と。
好きな立場からすれば、バカ呼ばわりされるのは良い気分では無いが、示された根拠に多少なり納得できるところがあれば、反対の立場にいる人の意見として参考になるし、納得できなくても、まぁしょうがないと思う事はできる。気持ちに余裕があるときならば、オレってバカかも知れないな、と思う事もあるかも知れない。村上春樹のファンではあるけれど、正直読んでいてイラっとする事は多々あるし、100パーセント支持しているわけではないのだから。

しかしながら、何の根拠も示さず、しかもご丁寧に村上春樹が嫌いってわけじゃないんだよねと言い訳しながら、間接的な言い回しでファンをバカにする。
しかも、村上春樹とは何の関係もない出来事に関して。
これは容認できない。

「くそムカつくツイート」とは、そういった内容のツイートだった。

最初はがまんしていたが、二度三度とリツイートされTLに表示されるので、堪忍袋の緒が切れて、引用リツイートで反撃してやった。
引用リツイート、フォロー外リプのマナーがどうしたこうしたと能書きたれていたが、そんなこと知るか。
マナーっていうのは、そういうくそツイートをしない、それだけで十分じゃないか?

前置きが長くなった。
そういうわけで、村上春樹の名前を聞いたら『色彩をもたない田崎つくると、彼の巡礼の年』を買って放ったままになっていたのを思い出して、読んだ。

以下はネタバレ有り、かつ、同書を読んだ事が無い人には無益な文。
いや、読んだ人にも無益な文。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

サッカーについての雑文 (6) [スポーツ]

腹の虫が収まらないので、前記事の続き。
詳細は割愛する。

日本-ポーランドの試合が終了する最後の瞬間まで、セネガルがコロンビアに追いつく可能性があった。
もしそれで日本が予選敗退したとしても、日本がとった戦術を是とするのか?
どうせ皆、鬼の首を取ったように非難するんだろ?
非難しないというのなら、それはそれで酷い話だ。
ワザと負けて予選突破できなかったっていうのを肯定するわけだから。

無気力試合は日本だけじゃない、もっと酷い試合があったって?
そんな事知ってるわ!
そういう試合する奴らはことごとく罵倒してやるのが本当だろうが!
それをしないから、こういう結果オーライ主義が横行するんだ。

あ、そうか。
オレってバカだな。
そうでした。
結果でした。
結果が重要なのね。
結果がすべてなのね。
試合内容やプレイなんてどうでもいいのね。

ま、いいや。
言いたい事言って、気分が収まった。

今、決勝T進出で熱狂している人達に、こういう事はいくら言っても無駄なんだよな。

サッカーというより、生きていく上での美学が違うんだ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカーについての雑文 (5) [スポーツ]

29日、2018FIFAワールドカップロシア大会で、1次リーグH組の日本が決勝トーナメント進出を決めた。

試合自体は0-1でポーランドに敗戦。

同時間に行われていた同じH組のコロンビア-セネガル戦が1-0で、日本のフェアプレーポイントがセネガルに対し優位にあったため、日本は試合終盤から、点数は0-1のまま、警告退場を受けないようにする、つまり、パス回しなどで時間稼ぎをして負ける、という戦術をとった。

セネガルは得点することができず、0-1で敗戦。
日本は失点せず、警告退場を増やす事無く、0-1のまま敗戦。
それで、結局、日本はセネガルに対し、勝ち点、得失点差、総得点で並んだが、フェアプレーポイントが上回り、決勝Tに進出という事になった。

この日本がとった戦術に対しては、賛否両論ある。
決勝Tを決めたのだから良し。
このような戦術はフェアプレーでは無い。

私の思いは後者だと思う。
どのような背景があれ、どのような結果であれ、つまらない試合はつまらないと言いたい。
酷い試合は酷いと言いたい。
クソな試合はクソと言いたい。

自国チームの成績しか興味ない人も多いだろう。
自国が良い結果を残せばよい、と。
国(地域)別対抗戦だから、それはそれでいい。

日本-ポーランド戦に対し、各国のメディア、著名人等から批判的な意見が届いている。
これらに対し、時間稼ぎは当然の戦術、どの国どのチームでもやるしやったことがある、という反論を多数見かける。
まぁそれはその通りだ。

決勝T進出がどれだけすごい事なのかわかっているのか?
何きれいごと言ってやがる! と。
ま、確かに。

でも、スポーツって結果がすべてなの?
サッカーファンを自任する人達が、この試合を単純に是とするならば、少し悲しいと思う。

FIFAワールドカップは何のために観るのか?
私は世界のトップレベルにある選手達のプレーが観たいからだ。


とか言いながら、今回のワールドカップはまだ一試合も観てません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

日記 (2018/06/25) [雑感]

昨夜11時に寝て、今朝7時に起きた。
ここ何日も(何十日も)、不特定の時間帯に寝て、しかも寝るのが2回とか3回とか、かなり乱れた生活リズムが続き、さすがに色々と支障がでてきていた。
久々に、まともな時間帯の睡眠がとれて、嬉しい。
このいい感じの生活リズムをキープできるといいのだけれど。
人間というものは、朝起きて昼間仕事をして夜寝るという生活を、そうしなければならない理由がないと、なかなか維持できないものだ。
あ、‘人間は’とか一般化しちゃいけないな。‘私は’だ。

朝起きて、ツイッターを見ていた。
すると、寝ている間に、サッカーワールドカップで日本の試合があったらしいことに気がついた。
あったらしい、とは実に曖昧な表現だが、実際そうなのだから仕方がない。
〇月〇日〇時、〇で、〇対〇の試合が行われる。
〇月〇日〇時、〇で、〇対〇の試合が行わた。結果は〇。
といったツイートをする人が意外といないんだもの。
テレビ見てないし。

ワールドカップと言えば、個人的には82年のスペイン大会が最も印象深い。
子供の時に夢中になって見たものは、どういうわけか、いつまでも忘れない。不思議なものだ。
ジーコ、マラドーナ、ルンメニゲ、プラティニがいた。
イタリアのロッシがブラジル戦でハットトリックとか、準決勝西ドイツ対フランスの死闘とか、マラドーナの退場劇とか。
マラドーナは当時既にスーパースターと呼ばれていたが、徹底した(ちょっとひどいなぁ~というような)マークをされ、それに見合った結果は出せなかった。
2010年、同じような立場で結果を出せないでいたメッシを、監督マラドーナが慰めているシーンを見たときは、正直泣けた。

昔の事はもういいか。
日本の戦績は1勝1分。
次の、一時リーグ敗退が決まったポーランドとの対戦結果で、決勝トーナメント進出にできるかどうかが決まるようだ。

ちょっと、国内リーグの話。
今季から一つ上のリーグに昇格した2つのチーム、コバルトーレ女川(東北一部→JFL)といわき古河FC(東北二部→一部)。
いずれも、圧倒的と言って良いほどの戦績で昇格したものの、昇格後は苦戦が続いている。
厳しいものだ。
いや、この程度で厳しいとか言ってるから、日本のサッカーは世界で通用しないのかな?
あ、いやいやいや、通用してますね。どうも失礼しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -